SPC audit work

不動産ファンド等の流動化事業に関して造詣が深い公認会計士等により、SPCの監査を行います。

多くの監査法人の監査では、流動化・法人税・消費税等の知識や経験が不十分なスタッフがアサインされることにより、監査対象のアセットマネジメント会社及び事務受託者の担当者と、監査法人のコミュニケーションが適正になされず、不要な時間を要するケースがあります。
また、画一的な監査手順・実務を知らないことにより、監査要点の設定が合理的でないケースも散見されるのが実情です。
弊社、監査側のみならず、SPCの事務受託者ととしての経験が豊富な公認会計士を中心として監査を行うため、的確な監査要点を設定し監査手続を行うことができるため、監査時間の短縮、合理的な監査報酬の設定を行うことが可能です。